ダイアリー: 2009年3月アーカイブ

すばらしい出会いと残念だったこと

| | コメント(0)


昨日は音楽事務所からの仕事で、社会福祉施設開業セレモニーの演奏をしてきました。

全国でも珍しい民間が運営する障害のあるこどもたちのためのデイサービス施設。
ログハウスの建物と、自然を生かした園庭が特徴で、
心うきうきする空間でした。
私たち演奏家は、その園庭にあるテラスでの演奏でした。 

正直昨日の演奏は私にとって悔やまれる点の多いものでした。
というのは私が自分でこの施設を前もって見に来ていれば
もっとこの施設にあったプログラミングができたのにと感じたからです。

私は事前の音楽事務所の情報から、演奏する場所が一般的な学校、つまり
ビルの校舎に囲まれた、赤土かアスファルトの中庭で演奏すると想像していました。
音楽を聴く対象は保護者。

ところが、当日行って見ると トトロやハックルベリー・フィンが出てきそうな場所だったのです。

そもそもハープとチェロという雨や湿気に弱い楽器をいれた編成が組まれていた時点で
園庭で演奏をすることに半信半疑。
その上、当日の進行や演奏場所についてもなかなか情報がいただけませんでした。

演奏者と依頼者の間に音楽事務所が入っている場合は連絡は迅速かつ正確にしなくてはなりません。

新しい福祉施設のエネルギッシュなスタッフとの出会い
目をキラキラさせた子どもたちとの出会い
園庭に放されていたアルパカたちの優しい眼差し

ステキな出会いのたくさんあった仕事だったのですが
演奏の仕事という点に関しては残念だったのでした。

 

ムジカー100の夢 社会貢献

| | コメント(0)

ムジカー100の新着情報をごらんになりましたか?

ベネズエラの青少年へオーケストラの楽器を送るために
使わなくなった楽器を募集しています。


この情報は、昨日ピースボードの事務局のG氏からメールで入ってきました。
ムジカー100で情報を出してもらえないかという丁寧な文面の依頼でした。

「お役に立つかどうかわかりませんが、よろこんで」
とお返事してすぐに情報をアップしました。

私はムジカー100を作る際に
音楽家のネットワークを利用していろいろな社会貢献のお手伝いがしたいと考えていました。
その中に、
使わなくなった楽器を、学校など必要な人たちに寄付するための仕組みを作りたい
という考えがありました。

ですから、このご依頼はお声をかけていただいただけで本当に嬉しく思いました。

たくさんの人がこの記事に気づいてくれたらいいのですが
ムジカー100はまだ多くのアクセスのあるサイトではありません。

何かひとつでもいいからベネズエラに楽器を届けることができたらいいのにと
うちにある楽器を思い浮かべたり
友人にメールを流してみようかしらと考えたりしておりました。

すると、今日またG氏からメールが届き
今朝バイオリン数本とチェロを寄付してくださるというお申し出があったとのこと。

よかった!

ムジカー100の夢はなかなか進まないと思っていたけれど
今日はほんの一歩前進できた気がしました。
 

リンク

  • musiker_banbr.jpg

アーカイブ