人間の耳の能力と生演奏のチカラ

| | コメント(1)

たくさんの人が行き交う駅のコンコースで
3人のフルーティストにアンサンブルを演奏してもらいました。

特に大きく予告していたものではなかったのですが
小さな舞台のまわりには数十人が集まってきました。

大きなスーツケースを持った旅行客やこども連れの親子、カップルなどが
始めは時計を気にしながら足を停め、次第に楽しそうに、真剣に音楽に聴き入っていました。
意外な場所で音楽を聴けたことを幸運に感じている様子でした。

駅のアナウンスや人々の話し声が行き交う中で演奏を聴いている人々を見ながら
人間の耳の能力は
興味のある音を選んで聴くことができることをあらためて感じました。

そして、
決して音楽を聴くためによい環境とはいえない場所でも
たくさんの人を惹きつける生演奏のチカラはスゴイなぁと感じました。

コメント(1)

こんにちは。
身の回りに複製された音楽があふれているからこそ、生演奏でお客と場を共有することの価値が今後高まってくるような気がします。

これからもいろんな所で演奏をきかせてください。

コメントする

リンク

  • musiker_banbr.jpg

アーカイブ