「君もプロの音楽家になれるか?!」日本音楽家ユニオンシンポジウム

日本音楽家ユニオン 第2回 「3・19ミュージックの日」記念フェスティバルシンポジウム 

音大を卒業した、でも仕事がない。音大生にとってあまりにも当たり前な事実です。
「でも、彼は2年生のころから仕事をしている、このあいだはテレビにも映っていた、僕の方が腕前は上だと思うんだが」…そんなこともあるかもしれません。一体、演奏の仕事に就職活動ってあるのでしょうか。もし運よく仕事に行けるのなら、その数少ないチャンスを生かすために何が必要なのでしょうか。みなさんの素朴な疑問に精一杯お答えします。3月15日、芸能花伝舎にお集まりください。私たち日本音楽家ユニオンは仲間が増えることを願っています。
 
■ 日  時 2009年 3月15日(日)18:00~20:30(開場17:45)
■ 会  場 芸能花伝舎1-1(東京都新宿区西新宿 6-12-30)
           丸の内線「西新宿」、都営大江戸線「都庁前」下車徒歩8分旧淀橋第三小学校
■ 会  費 無料(途中入退場可)
■ 申  込 不要、直接ご来場下さい
■ 問  合 日本音楽家ユニオン関東地方本部  Tel 03-5909-3457 Fax 03-5909-3458
         日本音楽家ユニオン関東地方本部メール

■ プログラム
18:00 ~ 18:30 第 1 部 「Beyond Talent -音楽家を成功に導く12章-」
演奏家として職業に就くには何が必要か。音大生からアマチュア、プロ演奏家、プロデューサー、マネージャー、音楽の世界で生計をたてるすべての人のための必読書と言われる A.M. ビーチング著の同書の概要と日本での問題点を探ります。
講師:箕口一美(同書訳者、サントリーホール企画室、東京藝術大学大学院講師)

18:30 ~ 19:00 第2部「音楽家サバイバル論」  
元フルート奏者で音楽事務所経営の重本氏が音楽事務所生活 30 年の中で気付いたこと。それは、生き残っている音楽家に共通すること、消えていった音楽家に共通することがあるということ。今宵はそのポイントを大公開します。あなたのサバイバルに応用して下さい。
講師:重本昌信(㈱重本音楽事務所代表取締役、NPO法人文化行政サポートセンター理事長)

19:20 ~ 20:30 第3部 「音楽家の卵のための何でも相談室」
クラシック、ポピュラー、オーケストラ、スタジオ…様々なジャンルのプロの音楽家、講師の箕口さん、重本さんも加わっていただき、参加者の質問、疑問にざっくばらんにお答えします。
司会:安原理喜(東京音楽大学准教授)

■ 日本音楽家ユニオンとは
1983年10月に 発足した、音楽家の個人加盟による職能労働組合です。労働トラブルの解決や音楽家の社会的、経済的地位の向上と音楽文化の発展のための活動を続けています。全国で約6,000人の会員が活躍しています。
 

演奏依頼
音楽教室を探す