多くの演奏依頼をいただくために

  1. 試聴用の録音や動画を作ってアピール。
    演奏を依頼するひとにとって、演奏家の技術や雰囲気がもっとも知りたいところです。
    音楽家の学歴や経歴をたくさん書き連ねても、それを正しく理解できる人は一部です。
    ムジカー100では試聴用音声や動画をプロフィールページに入れられるようにしました。
    コンサートの録音、ビデオやオリジナルCDの試聴データを載せてください。

    You Tube アカウントの造り方   You Tube 動画のアップロードの仕方

    *YouTubeのアップロードをムジカー100がお手伝いします。(有料)
     詳しくはこちら
     
  2. 数種類のプログラム例を準備しておく。
    得意な曲目を盛り込んで、数種類のプログラム案を作り公開するといいようです。
    各曲の演奏時間とともに、そのプログラムでのコンサートがどんな目的やシチュエーションにおすすめできるかも書いておくと、演奏を依頼しやすくなります。

     
  3. 日々の演奏活動をブログで公開。
    上記のように、ネット上に情報を出せば、演奏を聴きたい、コンサートを依頼したい、という人が出てきます。
    そのお客さまを実際のコンサートに来ていただけるようにするには
    どんなにちいさな演奏の仕事でもこまめにスケジュールを公開しておく必要があります。
    日々の演奏に対する思いやコンサートの準備のこと、終わった感想をブログにしておくと、
    聴きに来てくださった方はもちろんこれから聴いてみたいという人も参考になります。
    依頼者が演奏者を選ぶ際には、演奏家の人柄も重要な要素です。
    クラシック音楽家は思いの外一般の人にとって距離のある存在だと思われています。
    ブログであなたのいろいろな面を知ってもらうことが幅広い活動のために効果があります。

    無料でつくれるブログサイトの主なところをご紹介します。 
    FC2ブログ  ココログ ヤフーブログ  ライブドアブログ 
演奏依頼
音楽教室を探す